#10自由には責任が伴う、改め…

やりたいことをやる
好きなことをする
好き勝手やることの自由の中には
いつでも当たり前のように言われてきた責任が内在する。
これは当たり前の話で
なにかモノを欲しがるという自由には
それの対価としてお金を支払わなければいけないという責任が生じるのは誰もがやっており、
やらないのであれば、捕まってしまう。
こういう社会構造が今は当然のようになりたっている。
これはごもっともな話であり、どこにも異論はない。
しかし、一歩踏み込んで考えてみると、
自由と責任の関係性はそうではない部分が得られるようになる。
そして、
自由には責任が伴うという響きの中には
自由=誰もが欲しがるもの
責任=誰もが敬遠しがちなもの
というようなニュアンスが隠されている。
そしてこのニュアンスで考えてしまうと絶対に抜け落ちてしまうことがある。
それは、
責任を欲しがる自由
である。
人は自由な意志で自由を求めるのと同様に
責任を自由な意思で欲しがることができるのだ。
責任を自由に欲しがるなんて考えられないと思うかもしれない。
しかし、そうではない。
なにかやりたい仕事がある
自分の子供を責任を持って育てる
歌手や俳優がそれぞれの舞台を責任を持って果たす
これらはすべて、ある意味での責任を欲している行為であり、
日常のいたるところに隠されている行為である。
逆にいえば、人生の目的というのはこういう部分ではないのだろうか、
とさえいえるであろう。
つまり、
本来考えなければいけないのは
自由には責任が伴うということではないく、
我々はどの責任を担いたいのかということを考え、
自らの自由な意思でその責任を担っていく。
自由と責任は分離されたモノではない。
本来ひとつのものであり、表裏一体なものなのだ。
それを自由には責任が伴うという言葉に惑わされ
それが分離しているように錯覚してしまうのである。
だからこそ、本来の自由を取り戻していくためには、
自由には責任が伴う
改め
どの責任を自由な意志で選んでいくのか
この方向にシフトしていくべきなのである。