#1 引き寄せの方法が好きなあなたへ 〜あなたは今日から成功者になる〜

少し前にブームになった引き寄せの法則。
今やそれに関する本やネット記事や動画なども溢れかえっていて、引き寄せの法則を伝えたいのか、それともただ単に発信しているもの自身に対して、人を引き寄せたいのかわからなくなってきていると感じている人も少なくないであろう。

確かに、引き寄せの法則というものはあるのだろう。でもそれがうまくつかいこなせなければ、もっと言えば、それを知って人生を好転できないのであれば、意味がない。

だから、今回のこのブログでは、引き寄せの法則を知り、さらにはそれをうまく使いこなし、人生を好転させていく、そのための重要ポイントというものを伝えていきたい。

まず、大前提として、いわゆる引き寄せの法則というものはあるといっていいであろう。
それは、良いことを考えれば良いことが引き寄せられ、悪いことを考えれば悪いことを引き寄せられるというあれである。事実やはり、人生がうまくいっている人というのは、考え方が前向きであり、ポジティブである。愚痴も少なく、行動的で、積極的である。

そういうことを総合的に考えてみても、やはり引き寄せの法則というものは存在しているといえるのであろう。

そこで、問題なのは、どうしたらこの法則を人生の好転のために使えるかという点である。

おそらく、この法則で人生を変えたい、好転させてたいと思っている人のその前提には、うまくいっていない、人生を変えたいという前提や、なにをやってもうまくいかないという欠乏や失望があると思われる。

ということは、引き寄せの法則が働くのであれば、その欠乏や失望に対して働く。

つまり、その欠乏が失望がより強く引き寄せられてしまうということになる。

だから、そういった人たちがやるべきなのは今すぐに成功者にならなければいけない。もしも、今この瞬間から成功者になることができれば、そこに対して引き寄せが始まってくるのであるから、成功も必然的に引き寄せられてくるであろう。

しかし、ここまで読んでくれたあなたはこう思うかもしれない。

「今すぐ、成功者になるなんて無理に決まっていると」

確かに今まで成功者の概念のままだったらそれは確かにそうだろう。
しかし、これから提示していくように成功者という言葉の概念を変えることができるのであれば、それはそうではなくなってくる。

成功者とはなにか…
ここで一端整理してみよう。

いわゆる成功者とはなにかを達成した人と、大きな結果を成し遂げた人と定義している人が多いと思う。
ここではわかりやすく、オリンピックで金メダルを取った人と考えるとしよう。
オリンピックは基本4年に一度なので、その成功した人でさえ、4年に一回しか成功者になるチャンスを得られることはできない。しかもスポーツ選手という短い選手生活を考えるとそれが達成できるかどうかは本当に至難の業である。

オリンピックは4年に一度のということでも、そこに行き着くまでには日々の地味な生活がつづいている。そしてそこには泥臭い練習も続いていくだろう。そして、その練習に対して、地道にコツコツとやるべきことを続けていっている。この過程は大きな視点でみれば過程かもしれないが、日々過ごしているという意味においては立派なひとつの結果であるともいえなくもない。

つまり、日々鍛錬をしっかりとこなしていくというそのプロセスに対して成功だ失敗だという基準を持ってくることができるのであれば、毎日毎日、その瞬間瞬間、成功しているという状態をつくることができる。

つまり、なにかに取り組もうとするその意志の中に成功を見出していけるということになる。

この考え方であれば、どんな人にでも応用はきく。どんな人もその人その人の目標だったりやるべきことを持っている。そこに対してまだ確かな結果はでなくても、そのやるべきことをひとつひとつこなしていくという成功を日々味わうことができるようになるということ。

つまり、どんな人だって、成功者に今日からなれるということ。

今日あなたが成功者になることができるのであれば、なにが引き寄せられてくるのだろうか?

答えは愚問である。

だからこそ、あなたは今日は成功者になるべきなのである。